読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5年後はどこに暮らそうか。

20代ラストの”暮らす”がテーマの着地点を見つける旅の経過。         現在カナダでワーホリ生活ちゅう。

海外での初めてのスノーボードは”ウィスラー”にてDONE!

 

こんにちは、

カナダでワーホリ中のちゃんまきです。

 

ウィスラーでスノボしてきたよ!!!!

 

ついに、念願かなって、海外での初滑りかましてきました、

しかも、

北米最大のスキーリゾートウィスラーで!

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BQDyBFajISL/

 

と言っても、

バンクーバーに住んでいるってアドバンテージなんですよ。

ウィスラーまで、車で片道約2時間ですよ。

日帰りできちゃうんですよ!

 

行かなきゃ、もったいない!

 

 

わたしはカナダ入りした際に、ウィスラーに住もうと思って

現地に滞在して、住居や仕事について調べてたんだけど、

カナダでやりたいこととの条件とマッチしなくて、

ウィスラーを後にしたんだけど、

 

【過去記事はこちら】

maki-journey.hatenablog.com

 

 

 それでも、自然豊かで地元の方もフレンドリーなウィスラーはとても好きな場所。

 

そんな素敵な場所に、

なんと、オーストラリア時代からの戦友、

えりこちゃんが、暮らしてます!

 

 

この度、晴れて、

『カナダの雪山で再会して一緒にスノボしよ〜』

という約束を果たしました!Yeah!

 

 

f:id:maki-journey:20170209082523j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウィスラーには、「ウィスラー」と「ブラッコム」という2つの山があって、

二つの山を結ぶゴンドラがあるのです。

 

この二つの山合わせて、200以上のスキーコースがあって、

リフトもそこらかしこにあって、まるで、大自然の迷路のような

スキー場。

 

日本だと、同じコースを何本も滑って、

自分の技を磨いていくって

スタイルをよく目にしてきたけど、

 

ウィスラーだったら、

冒険しながら、滑るって感じ。

 

スケールがデカルギる〜〜〜!

 

 

なので、えりこちゃんのアテンドがかな〜り

助かりました!

 

 

 

バンクーバー⇆ウィスラー日帰りスノボ費用

今回の費用は以下。

 

①バス代往復   35ドル

②リフト1日券  146ドル

③荷物ロッカー代 5ドル

④飲食代     20ドル

________________

合計       206ドル

 

 

 

 見て分かる通り、リフト代がベラボーに高い!!!(汗)

 

でも、一生のうちウィスラーで滑る機会がきっと、今シーズンが最初で最後!と思えば、貴重な経験だよね。

 

何より、現地に友人がいて、無数のコースから、わたしでも滑れるコースを

アテンドしてくれるので、

身一つで気軽に迎えるのがありがたい!

 

えりこちゃん、感謝!

 

 

 

次回は3月頭に泊りがけで行く予定〜❤︎

 

 

カナダワーホリ生活も折り返し!

先月は丸1日デイオフは2日だけだったので、駆け抜けた感があります。

 

 

仕事を掛け持ちすることで

一番重要なのが、スケジュール管理!

 

これを甘く見ると、自分の首を絞めることになるので要注意!

 

カナダのワーホリも残すとこ半年なので、

残り半年をいかに有意義に過ごすか、計画中〜。

 

走りながら、考えて動いて、充実させてきます!

 

 

きっと、数年後に、今この時間がとても愛おしく思えるんだろうな〜。

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

バンクーバーで安く映画を見るなら、お得な火曜日をねらえ!

海外生活、トータル1年6か月にて

 

 

ようやく「海外の映画館で映画を見る」を実践した

 

ちゃんまき(@maki_nico88)ですヾ(´∀`○

 

 

フットワーク軽そうに見えて、

気持ちが入らないことには、とことん腰が重いB型です。

 

映画を映画館で見るの、実は大好きなんです。

 

 

高校1年生のときに、

映画館で「コーラス」という映画で

ひとり映画デビューしてからは、

友達や家族と映画に行くこともたまにあるけど、

基本的には

ひとり映画ばかりしてきたのです。

 

あ、ちなみに

ひとりカラオケも好きです(笑)

 

 

でも、誰かと一緒に過ごすのも大好きですよ。

勘違いしないでね!ヾ(゚д゚;)

 

 

 

バンクーバーダウンタウンから20km圏内には、

映画館が15か所ほどあります。

 

火曜日はこれらの映画館どこでも、

週に一度のサービズデーで特別価格で映画見られます!いえい♪

 

映画館によって若干値段変わるけど、

火曜日は6〜8ドルが映画1本の相場。

 

 

今回わたしが行ってみたのは、

stadiam-chinatown 駅近くに

ショッピングモール「international village」内にある、

 

Cinepiex

88 West Pender, 3rd Floor

Vancouver, BC, V6B 6N9

 

 

ショッピングモールの3階が映画館になってる。

 

 

 

 

 

チケットは窓口で購入してもいいし、

 

 

時間短縮には、券売機がオススメ!

 

難しい操作は入らなくって、

 

 券売機の使い方

①見たい映画の画像を選択

②希望の上映時間を選択

③希望の枚数を選択

④カードで購入

 

⇨券売機から出てきたチケットを持ってそのまま、入場口へGO(0゚・∀・) 

 

f:id:maki-journey:20170120161014j:plain

 

事前にネットから予約・購入を済ませて、

取得した番号を入力して、チケットを受け取ることも可能!

 

便利っていいね。

人間の仕事どんどんなくなってる実感あるね! 

 

 

 

 

 

今回見たのは、ディズニー映画の「MOANA」

 

 

歌も、映像も美しくて、好きだなあ。

もう一度見てもいいくらい。

 

足首が細くない主人公の女の子にとっても親近感(笑)

 

フラダンスしてるから足首細くないのかな?

舞台はハワイなのかしら〜?

なんて考えてた。

 

 

日本だとビジュアル面ではあんまり好まれないかもしれないけど、

こういうのも全然あり!

ってか、美しい!

そして、今すぐ南の島に吹っ飛びたい!

 

カナダに永住したいって子が周りにちらほらいるけど。。。

どうせ、永住目指すなら、日照時間長くて、あったかい国がいいんじゃないかって

考えてしまう!

 

カナダも好きだけれども、

バンクーバー、ウィスラー、カルガリーの雰囲気しかわからないので、

東側も行ってみないとね〜

 

 

 

 

 

 

そして、昼だけに飽き足らず、

夜は「LION」を見た。

 

 

 

 

インドからオーストラリアへ養子へ行った男のこの物語。

実話がベースになっている。

 

なんと、彼の養子先が、

オーストラリアの『タスマニア

だったの!!!*。ヾ(。>v<。)ノ゙*。

 

昨年オーストラリアのワーホリで一番長く滞在した思い入れのある土地。

 

 

現地で撮影したシーンもたくさんあって、

わたしも実際見たことのある風景が映画の中に広がって、嬉しくなった。

改めて、客観的に見て、

タスマニアは美しい場所だ〜〜〜!

 

 

 

それにしても、日本での海外映画の公開日ってめっちゃ遅いのね。

 

映画公開日ピチ比較

 Moana 

カナダ公開:2016年11月23日

 

日本語タイトル「モアナと伝説の海」

日本公開:2017年3月10日

 

その差、3か月半!!!

 

 

LION

カナダ公開:2016年11月25日

 

日本語タイトルLION/ライオン〜25年目のただいま〜

日本公開:2017年4月7日

 

その差、4か月半!!!

 

 

 

だから、大作のハリウッド映画は

世界同時公開!バババババん!

 って、強調されるわけね( ̄◇ ̄;)

 

 

 

 

次回は違い映画館も行ってみようかなって。

 

今回の映画館は日本みたいに、全席指定じゃなくて、

先着順。

 

夜の映画の時は、混んでいて、

上映時間が迫ると、なかなか二つ続きで空いてる席を見つけるのが

難しくて、カップルが右往左往してる姿も結構あったの。

 

でもそこはさすが、カナダ!

「そこの席空いてますか〜〜〜?」って

みんな気軽に聞くよね。

 

わたしも「空いてますか?」って聞いて

同じく一人で映画見に来てた女の子が

 

「空いてるわよ〜、今荷物どかすわね〜」って優しく答えてくれて、

嬉しかったな〜。

 

でも、上映開始から間もない映画で、混雑が予想されても

全席指定にしないとこが、

カナダのゆるさというか。

日本のがレアなのか。

 

 

 

あと、写真撮れなかったけど、

劇場の中央部に、

バリアフリー用の席があって

スペースもゆったりだし、車椅子の方も気軽に来れる環境ながあった。

日本だと見たことなかったから。

日本でもあるのかな?

 

 

ちなみに今のわたしの英語力だと、

字幕なしの映画の理解度は、

映画にもよるけど、

50%〜70%くらい。

 

今回の二つだと、理解が難しいのは、

LIONの方。

MOANAは女の子が主人公で、歌のシーンも多いから、

ゆっくりはっきり発音してくれる場面があるし、子どもが見ても面白いように

作られているから、理解度は70%に近い。

 

一方LIONは主人公が男の子で、声が低くて、

シーンによっては早口でわからない。

 

とりわけ、ニコールキッドマンが主人公に語りかけるシリアスなシーンは、

早口で口も大きく開けないし、大事なシーンだったから、理解したいんだけど、

お手上げだった(⊙д⊙)(笑)

彼女はオーストラリア出身だし、やはりオージー英語は難しいのか・・・

 

 

これを70〜90%に上げられたら、映画見るのもっと楽しくなるね!

 

 

 

 Anyway!

映画館での映画の見方も習得したし、

今度また気がるに行ってみよ〜!

もちろん、火曜日狙いで୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

 

 

BYE~~~~~~!!ヾ(´・∀・`)ノ バイチャ

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

ったくバンクーバー物価高えんだよ、バーローっ!てキレ気味の人は『格安スーパーサンライズ』に行け!

 

 

 

ちょっと前、

バンクーバーの物価の高さに、

キレ気味だった、ちゃんまきです(笑)

 

 

でも、ついに出会ってしまったのです!

バンクーバーの物価の高さを嘆かないお方に!!!

 

 

 同じワーホリメーカーの同い年くらいの女の子。

彼女もオーストラリアワーホリ経験者で、

オーストラリアでそれなりに稼いでいた方です。

 

わたし『バンクーバーなんでもかんでも高いですよね〜』

 

彼女『うん、だけど、オーストラリアと同じくらいは貯金できてるよ〜』

  『安いスーパーしか使わないし〜へへ』

 

 

って、オーストラリアの羽振りの良さを知りながらも、

バンクーバーで同じだけ貯金できてるって何者〜!!!

そんな人に初めて会ったよ〜!

 

と思ったけど、

きちんと整理すれば、ありえないことでもない。

 

 

<彼女>

*家賃:315ドル/月

ダウンタウン在住のため定期代0ドル

*ラーメン屋週6勤務⇨チップが多い

 

<わたし>

*家賃475ドル/月

*1ゾーン定期代:91ドル/月

*カフェ、スーパー勤務:チップはお気持ち程度

 

家賃と定期代を比較すると

その差、251ドル!!

 

お、大きい!

 

 

 

つまり、カナダでオーストラリア並みに貯金することも、

決して不可能ではないんです。

 

ただ、わたしはそのような暮らしを選んでないだけで、

物価が高い、高いと嘆いてばかりで、節約のために自分なりの工夫を

極めようとしな自分が恥ずかしくなりました><

 

 

格安スーパーに通うことにした!

 

そんなわけで、その彼女も足しげく通う、

スーパーに行ってみることにした!

 

スーパー『サンライズ

300 Powell Street Vancouver, BC V6A 1G4

 

 

 

 

 

 

ダウンタウンの東側にあるそれは、

日本でいう八百屋さんのようなとこ。

 

よく見かける、中国系スーパーの一つ。

 

ただ、品揃えと安さが他のスーパーより

頭一つぶんリードしている!

 

野菜、果物、普通のスーパーで買うよりはるかに安いです。

自分の目で品質よいものを選ぶべし!!!!

 

 

こっちの価格表示って、LB(ポンド)表示が多くて、

混乱するよね。

 

(参考)

1LB(ポンド)=0.45kg

 

 

 

 

 

 

<スパイス類>

 

 

<お肉コーナー>

 

<ヘルシースタッフ>

 

 店内は狭いんだけど、

探ると、ベジ、ビーガンスタッフも揃えてあるし、

ローカルのスーパーより、買い物しやすい。

 

 

walmartsuperstoreも店内が広すぎて、

巨大カートを押しながら、疲れ果ててしまう時あるもん(笑)

 

 

 スタッフは中国人ばかりだけど、お客さんの国籍層は様々。

 

 

 

 

レジのおばちゃん、無口で怖い!!!!と

思ったら、優しくレジ袋を差し出してくれて、ホッとした。。。

 

 

 

 

 参考にしてみてくださいね〜(´∀`)♪

 

 

 

これから、バイト!

またね〜♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

ドタバタスタート2017年!ダブルジョブのメリット・デメリット

 

あけましておめでとうございます。

○`・ω・{あ}{け}{お}{め}・ω・´○

 

 

カナダでワーホリちゅうの

ちゃんまき(@maki_nico88)です。

 

 

 

元旦から週7勤務スタートし、

しばらく、「仕事する」に集中する期間にしたいので、

これは、体調管理気をつけないと〜っと

思った矢先に、

インフルエンザでダウン。。  

ガ━━(´・д・`|||●)━━ン

 

 

 

先月も、風邪が長引いたばかりだったので、

ああ、わたしカナダの気候合わないのかも、

カナダに嫌われてる〜〜〜〜!

 

と被害妄想もいいとこ。

 

インフル明けにカフェに出勤したら、

カナダ人の同僚の子も、4日間寝込んでいたとのこと。

どうやら、わたしたち、カフェでウイルス感染したよう( ・´ω・`)ショボン

 

 

ま、ひっさびさに高熱でて、汗かいてデトックスできたし!

たまには、こじらせてみるもんですね〜(!?)

 

 

 

 

 

体温計は、日々の体調管理、基礎体温のチェックに使えるので

昨年のオーストラリア滞在時と変わらず、日本製のものを携帯してます。

 

体温計はかさばらないのと、耐久性があるので、旅のお供にも最適!

 

 

 

 

39度まで上がるとさすがに、普通の風邪じゃないかなって自分でも判断できるので便利。

あってよかった〜(*´ェ`*)❤︎

 

 

ダブルジョブのメリットデメリット

 

わたしは今、『カフェ』『スーパー』の仕事をかけ持ちしています。

日々充実してるのも、仕事あるおかげだし、英語環境に身を置けているので

楽しいです!

 

ただ、ダブルジョブにもメリット・デメリットあります。

以下、参考にしてみてください^^

 

 

 

ダブルジョブのメリット

 

1、お金が貯まる

単純に、働く時間が増えるのでお給料増えます!

やっと、カナダで貯金スタートできそう!

 

 

2、人間関係が広がる

新しく始めたスーパーでは、フィリピン人のお姉さまがた、カナディアン、アフリカ系カナディアン、カナダ歴約30年の日本人など、

国籍ミックスが豊かで、

移民国にいるな〜と実感します。

フィリピン人のおばちゃんたちは、大阪のおばちゃんみたいで陽気です!

 

仕事は非効率なことばっかりで、日本とは正反対なんだけど、

面倒見良くて、仕事中も楽しく会話してるし、

あー、日本じゃないな〜ってここでも実感する。

 

 

3、新たな経験

二つの仕事は職種が違うので新しい経験ができて単純に面白い!

 

4、ルーティーンワークに刺激を

どちらもルーティーンワークだけれど、職種が違うので、

思考を切り替えて仕事するので、飽きた感を少なくできる!

 

あと、片方の仕事で嫌なことがあっても、もう一つ仕事あるってのが

心の余裕につながって、そこまで落ち込んだり、イライラしない!

 

 

 

 

ダブルジョブのデメリット

 

1、体力勝負!

 わたしの最近のスケジュールは以下。

 

月、水、金、土曜日 = カフェ

火、木、金、土、日曜日 = スーパー

 

 

そう、つまり、デイオフなしです(笑)

体力的に大変!Σ(×_×;)!

このままだと、さすがに病気になるので、

ちゃんとデイオフ申請もしてきますよ〜。

 

 

 

2、スケジュール調整の手間

仕事がダブルブッキングしないように、スケジュール調整しないといけません。

スーパーは向こう3週間のシフトが常に決まっているのでいいんだけど、

カフェは次週のシフトが決まるのが、前週の土曜日なので、

そこで何か間違いがあると、調整が結構大変。

 

もちろんダブルブッキングしないように、

両方の職場にはあらかじめ、自分のavailability(可能な時間帯)を

伝えてあるんだけど、

カフェの方はボスがけっこう自由に(自分勝手に)シフト決めちゃうので、

後から微調整が必要になる可能性も高い。

 

3、責任あるポジションにつきにくい

パートタイムで働くため、マネージャーやスーパーバイザーの

ポジションにつくのは困難。

 

 

 

まとめ

ダブルジョブのメリット・デメリットを踏まえた上で、

せっかく人生でたった1年間のワーホリ生活なので、広く仕事を経験するもよし、

一つを極めて、技術や責任あるポジションにつくのもあり!

 

 

 

 

 

いまのわたしにはメリットの方が多いので、ダブルジョブしばらく続けます!

 

 

スーパーの方はまだ見習い期間で覚えることが多いけれど、

カフェの仕事を始めて3か月経ったのでだいぶ慣れてきて、

うま〜くバランス取れてる感じ!

 

 

拘束時間が多くなると、

ああ、ネットで稼げれば、片道通勤40分かけてバイトに行ってなんて

しなくていいのに、、

なんて、日本にいるときみたいなことが思い浮かんでくる(笑)

 

 

 

だけども、だけど!

これぞ、自ら選んだ道!

隙間時間を利用して、楽しむぞ〜〜〜〜(*`∀´*)ノヨロシクナッ

 

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村

ありがとう2016年!今年さいごの雑記。

 

 

まだ、2016年のバンクーバーから、こんばんは!

 

 

 

 

ざっくりわたしの2016年はこんな感じ

1月: 【オーストラリア】タスマニア:ブルーベリーピッキング

2月: 【オーストラリア】タスマニアブルーベリーピッキング

3月: 【オーストラリア】タスマニアオニオンファクトリー、ラズベリーピッキング

4月: 【オーストラリア】タスマニアオニオンファクトリー、ラズベリーピッキング

5月: 【オーストラリア】パース:ノリでトヨタRAV4購入、就活

6月: 【オーストラリア】パースサンドイッチ工場

7月: 【オーストラリア】パースオーストラリアワーホリ終了

    【インドネシア】バリ島

    【日本東京、沖縄、九州(福岡、熊本、宮崎、鹿児島)、福島

8月: 【日本福島、北海道、仙台、栃木

    【カナダ】カナダワーホリ開始、バンクーバー

9月: 【カナダバンクーバー、レストラン、ウィスラー、カルガリー

10月:【カナダバンクーバー、カフェ

11月:【カナダバンクーバー、カフェ

12月:【カナダバンクーバー、カフェ、スーパー

 

 

 

なんだか、今は目のまえのことを

大事にして、見つめることが多いのだけど、

 

振り返ると、

まあ、拠点もオーストラリアからカナダに変えたし、

その合間の時間をつかって、旅してるし、

盛りだくさんだったではないか!

 

2016年の変化

1、本を読むようになった!

これ、わたしにとって大きな変化でした。

ここ10数年、読書からかな〜り遠いところをさまよっていたのに、

今では、つねに読みたい本のストックが何冊がある状態。

時間を見つけて読む習慣ができてる。

 

痩せたいけど、ダイエットは明日から〜

なんて先延ばしにしてたように、

読書もいずれ、、、

なんて思ってたけど、生活の一部に取り入れることができた。

 

それもkindleのおかげ。

 

電子書籍のある時代に生まれてよかった。

一時帰国のタイミングで買ってよかったものベスト1!!

 

 

 2、ブログを始めた。

 

9月からここに書き始めた。

 

思いを言語化することの大切さを日々感じる。

ネットツールの可能性はどんどん広がっていく!

 

「5年度はどこに暮らそうか。」

 

 

5年後の理想の着地点を決めるのも、

そこにたどりつく方法も

じぶんが行動を起こしていくことでしか、

生まれない。

 

これまでのじぶんは何か、

人生の嬉しいハプニング、転機が起こるのを

期待してる、甘ちゃんだった。

 

そんなシンデレラストーリーは捨てて、

さっさとじぶんで創り上げた方が、早くて着実だってことに

気がついてたくせに、気づかないふりしてた。

 

30歳目前になり、

やろっ!ってなった。

ようやく(笑)

 

 

2017年

1年の目標って大きすぎ。

 

だから、細かい目の前の目標を淡々と

こなしていくようにする!

 

 

大きな流れとしては、

カナダワーホリ終了後の旅と今後の生活の計画を立てつつ。

 

 

 

さて、明日のニューイヤーもさっそく、

7:30からお仕事なので、カウントダウンはせず、

日課のストレッチして、寝ます。

 

そういえば、昨年もカウントダウンせず、

寝てたな(笑)

 

 

 

ブログを見てくださってるみなさん、ありがとう!

各種SNSフォロー、コメント、読んでるよ〜などのことば、励みになります。

2017年も、ちゃんまきをどうぞよろしくね〜:)

 

 すてきな年明けをお過ごしください〜♪

 


人気ブログランキングへ

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(カナダ)へ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
にほんブログ村